ある精神障害者の戦い

逮捕歴5回。躁うつ病、ADHD、アスペルガーの精神病者。障害手帳2級。大学院中退→ニートなどを経て再び自営業者になりました。

社内ニートは再びニートへ。年末の悲劇。

どうも、社内ニートからニートになったイサイヤスです。

 

社内ニートはクビになる

12/4から働いていたベンチャー企業を今日12/28にクビになりました。

なんか年の瀬にもういいやという気持ちでいっぱいです。

 

社長との押し問答

問題の発端は社内ニートをしていたからではないのです。給料の支払いで問題になりました。以下話を簡単にするために、当初貰える月収を30万円として考えたいと思います。

発端は休みの日、12/27に社長から電話があったところからでした。休日で映画を見ていたので放置しておいたら、次のように来ました。

社長:「振り込みましたが、明日一番には、10万円です。取り敢えず収めてください。」

僕:「10万円ということは、今月分の給料は取り敢えず出ないということですか?一時金ということでしょうか?」

社長:「月額20万円で決めた事。締め日は25日だから。」

僕:「最初は最低30万円保証するという約束だったはずですが。。給料も日払いになるなら2/3は出るのではないか。」

ここで証拠が残らないように、電話がかかってきました。そんなこと(月収30万)は言ってないとか、これまで給料のトラブルなんてあったことはないなどなど。70代後半で、物忘れの激しい社長と20代後半の僕の記憶力ならどちらがいいか明白です。

電話だとまた言った言わないになるから、メールにしてくれと言い電話を切りました。

年末の予定が狂った

約束した月収を2/3にされ、かつ月収も満額でませんでした。最低でも20万円の2/3でも13万円ちょっとでてもおかしくありません。

15日出勤したので、15日*8時間=120時間働いていることになり、月額10万円だと時給830円。。。都内ならバイトしたほうがマシです。

友達に借りてたお金を返して、実家に帰り、福袋を買いに行きたいと考えていたのに予定がぁぁぁ。

そしてついに

メールがないなぁと思っていたら、今朝きました。

社長:「この先一緒に仕事をやる事が叶わなくなりました。もともと1,2ヶ月は試用期間を設け、正式決定しよう。そして雇用契約を交わそう。この間に起きた事は残念ですが、早めに判った事。貴殿が言う30万円として、半月分を後、5万円振込。」

僕:「そう言われるなら、わかりました。日割りで2/3*30万円=20万円です。よろしくお願いします。」

また返信がないので、振り込まれるのかどうかもうわかりません。。。

何が問題だったのか

そう、しっかり雇用契約を結んでいなかったのです。笑

本当に小さな会社でしたし、父親と付き合いのある会社からどうしても来て欲しいということで信頼しきっていました。面接が終わり、飲みの席で給料の件に関して出て、最低30万円保証するということだったのです。

入社後、雇用契約書を書いてくださいと一度頼んだのですが、後でということで伸びてしまい、このような事態になりました。

社長は父親のところに泣きつきましたが、父は「私のいないところで、2人が契約を結んだ事だから知らない。」と面倒な事には一切出て行きません。

辞めることで落ち着きそうです。雇用契約書は大切ですね。

最後に

こんな楽な仕事も他にないから折れればよかったのかもしれませんが、双極性障害の僕は折れることはあまりありません。障害のせいか、プライドや性格のせいかわかりませんが、正しいと思った事を曲げてでもその場をおさめるという行為があまり得意ではないです。

だから自営業をやったりニート、ひきこもりをしていきているのだと思います。双極性障害は調子が良いときは普通に見えても、すぐに躁転したり、鬱になったり両極端な行動に走る傾向にあります。

社会に適応するには良き理解者に出会うしかありません。

来年は事業を起こすか、出会いもないのでキャバクラのボーイさんでもやってみるとか、IT会社に勤めるかといったことになりそうです。

 

取り留めのない話になりましたが、雇用契約書は大切です。以上。

 

@イサイヤス

広告を非表示にする