読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある精神障害者の戦い

逮捕歴5回。躁うつ病、ADHD、アスペルガーの精神病者。大学院中退→自営業→引きこもり→社内ニート→ニートになったものが綴るブログ。

初めての経験。飲まないハンドルキーパーも会計は均等割り

知り合いが出演するので70代の方々と音楽会に10人ほどで日曜日に行ってきました。

プロではないのですが、教えている先生も歌ってくださったり、その娘さんや一部の生徒さんもかなり上手でした。

うまい下手なんてよくわからないですが、小学生や中学生の子が手話を交えて歌を歌ってくれたり本当に癒されました。

 

会場も指定文化財か何かで趣もあり、音の響き方やピアノの音色もよくやはり日常的に音楽そして美術等の芸術に触れる必要性を再認識いたしました。

 

さて、問題はここからです。

打ち上げにお蕎麦屋さんに行ったのですが、僕は運転しろということだったのでハンドルキーパーとなりお酒は飲めませんでした。

もりそば950円を頼んだだけで、他にはほとんど手をつけていません(最近食欲がないのと脂っこいものが駄目ですので)。

他の方はビールや日本酒、天せいろやおつまみを堪能していました。

 

会の最初に今日はゲスト(発表者の一人)を除いた10人で会計は割りましょうとゲストの前でも発言し、そもそもお金無いやと思いながら美味しいものを食べていたのですが気が気ではありませんでした(5人の人とは仲がよかったのですが、他は面識があるかないかぐらいです)。

 

で、最後会計になり一番仲のよかった老人の奥さんがさらっとカードで会計して出ようとなったんですが、幹事が均等に割りましょうと譲りませんでした。

結局高齢者が多かったのと運転手が僕を含めて二人いたので会計は28,000円でした。

つまり2,800円だったんですが、所持金は1,000円しかなく仲の良い老人に後で返すということで終わりました。

 

70代の方々というより年配の人と食事に行って割り勘であったことはほとんど無いですし、あったとしても自分の食べたものは自分で払うということしかありませんでした。

お金を持っていて豊かな人なのに、貧乏人の僕に配慮してほしかったなと(幹事とは2度しか面識無し)。

 

でも日本の割り勘の文化っておかしくって、自分で食べたり飲んだりしたものは自分で払うのが普通かなと。割り勘にするなら同程度食べたり飲んだりする人でないと遺恨が残ります。

僕は後輩と行くときはお金が無いとき以外は確実に奢っているし、無かったら最初に割り勘の胸を伝え安い所に入り、払えそうなら全部払ってきました。

 

別に何が言いたかったわけでは無いのですが、配慮してほしかったなと。

自分の車でも無いのにハンドルキーパーさせられて、送り届けて、そこから帰宅してと大変でした。

 

音楽会自体は素晴らしかったし無料だったのでチャラと考えて、今回の件は胸にしまっておきます。

愚痴ブログになってすみませんでした。

 

月曜日が始まりますが、社会人の皆様頑張って下さい。

僕は相変わらずフラフラしてまいりたいと思います。

広告を非表示にする