読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある精神障害者の戦い

逮捕歴5回。躁うつ病、ADHD、アスペルガーの精神病者。大学院中退→自営業→引きこもり→社内ニート→ニートになったものが綴るブログ。

ニートはfxに負ける。

ども、イサイヤスです。

今日はfxの話です。

 

そんなに難しい相場ではなかったのにもかかわらず、相場の方向性を見極められなかったり、意志が弱く資金10万のうち2万5000円ほど溶かしてしまいました。

 

 

fxにハマった学生時代

fxをやり始めたのは学生時代で、ビギナーズラックからか100万突っ込んだら2ヶ月後には300万になっていました。理論を勉強し、経済状況はどうなっているのか、為替をやっている人の心理状態はどうなのかということを考える毎日でした。

ただ、デイトレであったため凄く精神的に負担が大きく、土日はキャバクラにはまり、散財して結局の所はお金は残りませんでした。こんな生活ではダメだと思い、一旦為替の世界から手を引くことにしました。

散財したお金でキャバクラのオーナーと仲良くなり、今でも連絡を取ったりする仲になったのはいいことだったなぁと思っています。

 

ニートになって再び

fxを再び始めたのは低資金からでも勝負ができ、流れに上手く乗れば非常に勝ちやすいゲームだからです。

10万円だとレバレッジが25倍なので、およそ2万ドルの為替を扱うことができ、ドル円相場が1円動けば2万円勝てる(負ける)ことになります。動かない日でも0.5円程度は為替変動が必ずあるので、ニートにとっては勝てば生活費を得られることになります。

 

どこで損切りをするのか

曖昧な自分ルールで戦っても確率論の話になってくるので勝てません。一番大事なのは自分ルールです。いつ損切りをして、いつ利益を確定させるのか。

為替は何回負けてもいいけれど、大きく負けてはいけないのです。そしてトータルで勝ち越せばいいのです。

僕は0.1円予想と違う方向に相場が動いたら、基本的にはやめることにしていました。

しかし、今日はトレードに臨む姿勢が最悪でした。

まぁたぶん上がるだろう、下がるだろうというマインドに陥っていました。

たらればでゲームをやっても勝負は時の運になってしまい、勝てるかどうかわかりません。

それだったらやらないほうがマシです。

 

明日からどうするか

追加でお金を口座に入れるということはしないと決めているので、明日からも退場になるまでやるでしょう。

ただ、もっと真摯に取り組まなければ勝つことは難しいでしょう。

先週の金曜日も相場が読めず2万円以上負けてました。

ニートが最後に逆転できるかもしれない場所なので、毎日fxは続けていきたいと思います。

 

最後に

なにも勉強せずにfxに取り組むのは愚の骨頂です。やめてください。

現実社会よりも大変厳しい社会です。

それを自分自身に言い聞かせて、明日からも勝負していこうと思います。

 

 

そいじゃ!

 

 

@イサイヤス

広告を非表示にする