ある精神障害者の戦い

逮捕歴5回。躁うつ病、ADHD、アスペルガーの精神病者。障害手帳2級。大学院中退→ニートなどを経て再び自営業者になりました。

スターバックスのコーヒーが美味しい時は、かなりのストレスが溜まっている証拠

スターバックスのコーヒーって、ストレスを感じている都会人向けだと思うんですよね。

だからストレスのない時に飲むとただ苦いだけってなるんですよ。

 

 

もちろん、スタバの雰囲気は好きですしWi-Fiも飛んでるのもありがたいです。

良いソファが設置されていたり、かかっている音楽も良い感じです。

長い間、読書していても怒られないしチェーン店って素晴らしいなって思います。

 

でもスターバックスのコーヒーはストレスを感じている人の飲み物だと思うんですよね。

僕もストレスを感じている時は美味しいと思うんですが、最近はそうではありません。

ただ苦いだけのコーヒーのような気がしてなりません。

 

一度、これ苦すぎないとスターバックスの定員に言ったら、僕が返却したコーヒーを少し飲み、「大変すみませんでした。」って言って、新しくコーヒーを入れなおしてくれたことがあったんですよ。

その時は本当に教育されているなって感じたし、感動した。

 

最近は働いていないので特にストレスを感じることなく生活しているので、スターバックスに行っても炭酸水か水、ジュースを飲んでいることが多いです。

 

激務で働いている人は、普段の味覚が濃い味を求めやすいので、そういったところで自分のストレス度合いとかをチェックするといいと思います。

 

 

今日は、この辺で。

 

 

ほな!

 

 

@イサイヤス

広告を非表示にする